当社関連報道について

H16.11.8/朝日新聞/10面「声」欄
11月8日付朝日新聞「声」の欄に寄せられた、読者からのご意見に対する弊社の考えについて

 11月8日付朝日新聞「声」の欄に寄せられた、読者からのご意見に対する弊社の考えについて、以下に掲載いたします。
 なお、11月12日に、朝日新聞「声」担当の方に、弊社の考えを掲載いただくようお願いいたしましたが、残念ながら下記の内容では掲載いただけない旨の回答をいただきましたので、弊社ホームページへ掲載いたしました。

 この度の新潟県中越地震の被害に遭われた地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 11月8日付の「声」欄で「余震続く間は原発の停止を」とのご意見を頂戴いたしましたので、お答え申し上げます。
 原子力発電所は、建設に先立ち詳細な地質調査を行い、地震の原因となる活断層を避けて建てられています。また柏崎刈羽原子力発電所の重要な施設は、地表から数十メートル地下にある堅固な岩盤の上に直接据え付けられておりますが、今回の地震において、発電所で観測された揺れは、周辺の敷地に比べてはるかに小さいものとなっています。(「原子力発電所の地震対策」について、詳しくはこちらをご覧ください。
 その一方で、原子力発電所の各設備は安全確保の観点から、地震の揺れなどに対して適切な余裕を持って運転を停止する仕組みとなっており、7号機は4日朝に発生した余震の際、タービンの異常を回避するために安全装置が作動しましたが、その後の点検の結果、設備に異常はありませんでした。また、大きな余震が発生する都度、入念に各設備の点検を繰り返し行い、安全を確認しております。
 私どもは、発電所に限らず、震災時にも設備に異常がない限り電気を皆様にお送りすることが第一と考えております。また、原子力発電所の運転状況などについて、今後とも報道発表やホームページ等を通じて分かりやすくお伝えするよう努めてまいります。

東京電力株式会社
広報部長 石崎芳行
以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします