経営技術戦略研究所

経営技術戦略研究所は、東京電力ホールディングスの社内カンパニーとして、経営戦略や各事業会社の事業戦略と技術戦略、知財戦略を連動させ、グループ全体の調査研究、技術開発を担っています。また、シンクタンク、エンジニアリング、イノベーションの3つの機能を最大限に発揮し、現場の抱える課題から中長期の経営課題まで、経営と技術を融合して解決し、企業価値の最大化やリスク管理の最適化を図ることで、電気をお使いのお客さまへの新しいエネルギーサービスの提供・品質向上を実現します。さらに、脱炭素化、電力ネットワークの高度化、防災・レジリエンス強化を目指します。

沿革

1959年8月
(昭和34年)
技術研究所を江東区亀戸に設置
1965年12月
(昭和40年)
原子力開発研究所を設置
1968年10月
(昭和43年)
技術研究所を江東区亀戸から調布市つつじヶ丘へ移転
1985年6月
(昭和60年)
開発研究所を設置
1987年6月
(昭和62年)
システム研究所を設置
1994年10月
(平成6年)
研究所を現在の場所(神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町)へ移転
4研究所を集結
2001年12月
(平成13年)
電気の史料館開設
2002年4月
(平成14年)
研究機能を再編し、4研究所を1組織へ(技術開発研究所)
2003年7月
(平成15年)
知的財産センター発足
2006年7月
(平成18年)
材料技術センター発足
2013年6月
(平成25年)
技術開発本部と技術部の一部を再編し、技術統括部を発足
技術統括部の中に技術開発センターを設置
2015年4月
(平成27年)
技術統括部と建設部の一部を再編し
経営技術戦略研究所を発足
2017年4月
(平成29年)

福島廃炉技術開発推進室
リソースアグリゲーション推進室を設置