福島復興への責任 > 環境再生

環境再生への取り組み

国・自治体が実施する除染・中間貯蔵・廃棄物事業の推進、農林業等の再生に向けた人的・技術的協力を行っています。

最近の環境再生活動

2021年10月代表会見でお知らせ
除染・解体作業完了後の土地は、保全作業が行き届かない場合、雑草が繁茂し景観の低下のみならず、獣害問題の深刻化が懸念。2020年10月より、浪江町と共同で地表を覆いつくすように生育するカバープランツによる雑草対策の調査を開始。避難されている皆さまのご帰還に向けた一助となるよう、「雑草抑制・景観向上」、「獣害対策」を期待。
雑草抑制・景観向上のためのカバープランツ共同調査の続報

賠償・除染・復興推進に関する取り組み状況(2021年10月末現在)PDF

主な環境再生活動

  • 安心できる環境を取り戻すために

除染の枠組み

放射性物質への対処は「放射性物質汚染対処特別措置法」を始めとする法令に基づき、国や市町村が主体となって実施されています。
当社は事故の当事者として、避難されている皆さまが一日でも早くご帰還いただけるよう、国や市町村とともに最大限取り組んでまいります。

放射線・除染に関するよくあるご質問

放射線の基礎知識や食品への影響など、よくいただくご質問を一覧にまとめています。

開発技術の公開

自由にご利用いただけるソフト等を掲載しています。
※動作環境や使用上の注意事項等は、圧縮ファイル解凍後に添付されている各資料をご確認下さい。


   個人線量マップ
     作製ソフト

        
<2017年1月更新>
個人線量マップver.1.1.3.zip

※更新内容は、取扱説明書をご確認下さい。

 

  < 動作環境 >
OS : Windows8.1 64bit
Microsoft Excel 2013 32bit
Internet Explorer 11



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします