プレスリリース 2003年

定期検査中の柏崎刈羽原子力発電所6号機の発電開始について

                         平成15年5月9日
                         東京電力株式会社

 当社・柏崎刈羽原子力発電所6号機(改良型沸騰水型、定格出力135万
6千キロワット)は、平成15年1月27日以来、第5回定期検査を実施して
まいりましたが、5月9日午後9時36分発電を開始いたしました。
 今後、定格出力まで発電量を増加させたのち、所管官庁の総合負荷性能
検査を受け、6月上旬頃に定期検査を終了する予定です。

今回実施した主な工事は、以下の通りです。

(定期検査中に実施した主な工事)

1.燃料集合体の取替え
   燃料集合体872体中204体を取り替えました。
2.出力領域計装検出器の取替え
   出力領域計装検出器52本中8本を取り替えました。
3.主蒸気逃がし安全弁取替工事
   主蒸気逃がし安全弁18台全数について、作業効率の向上を図るため
  同一設計の予備品と取り替えました。
4.主復水器真空度に関する信号の設定値変更工事
   主復水器真空度計をゲージ圧力計から絶対圧力計に取り替えること
  に伴い、主蒸気隔離弁を閉じるための信号の一つである主復水器真空
  度低の設定値を変更しました。
5.蒸気タービン車室修理工事
   低圧タービンの車室の一部に浸食等が認められたため、予防保全の
  観点から肉盛溶接による補修を行いました。
6.その他
  ・ シュラウドの健全性を確認するため、目視可能な溶接線について
   点検を実施し、ひびは確認されませんでした。
  ・ 制御棒駆動系配管の健全性を確認するため、配管の目視点検、付
   着塩分量測定を実施し、問題のないことを確認しました。

                              以 上
<参考>当社原子力発電所の現況

福島第一・1号機(46万キロワット)      定期検査中
     2号機(78万4,000キロワット)   定期検査中
     3号機(78万4,000キロワット)   定期検査中
     4号機(78万4,000キロワット)   定期検査中
     5号機(78万4,000キロワット)   定期検査中
     6号機(110万キロワット)     停止中
福島第二・1号機(110万キロワット)     定期検査中
     2号機(110万キロワット)     定期検査中
     3号機(110万キロワット)     定期検査中
     4号機(110万キロワット)     定期検査中
柏崎刈羽・1号機(110万キロワット)     定期検査中
     2号機(110万キロワット)     定期検査中
     3号機(110万キロワット)     定期検査中
     4号機(110万キロワット)     定期検査中
     5号機(110万キロワット)     定期検査中
     6号機(135万6,000キロワット)  5月9日から発電開始
     7号機(135万6,000キロワット)  停止中

 これにより、停止中のプラントは、16基、合計1595.2万キロワット、
運転中のプラントは、1基、135.6万キロワットとなります。

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします