プレスリリース 2004年

(お知らせ)米国内における当社原子力発電所向け新燃料集合体の陸上輸送中に発生した車両横転事故について

                             平成16年6月9日 
                             東京電力株式会社 

 当社は、このたびGNF(注)−J社を通じてGNF−A社より、米国内において
取替用新燃料集合体を積載した陸上輸送用トレーラー1台が強風のため、横転した
という連絡を受けました。

 GNF−A社によると、当社・柏崎刈羽原子力発電所7号機向け取替用新燃料集
合体(128体)の成型加工の委託先であるGNF−A社は、完成した当該燃料を日
本に輸送するため、同社ウィルミントン工場(ノースカロライナ州)から、西海岸
の積出港までの陸上輸送中、現地時間6月8日午前3時30分(日本時間:同日午後
6時30分)、輸送していたトレーラー11台のうち1台が、ユタ州内の高速道路上に
おいて強風のため横転いたしました。このトレーラーには12体の燃料集合体が積載
されておりました。
 今回の事故により、火災や放射能漏れはありませんでした。なお、事故車を除く
トレーラー10台については、輸送を継続しております。

 当社といたしましては、今後、事故の詳細な状況把握を実施してまいります。

                                  以 上

(注)GNF(グローバル・ニュークリア・フュエル社)
  沸騰水型原子力発電所(BWR)で使用される原子燃料の製造を行う米国GE、
  東芝、日立製作所による合弁持ち株会社。「−J社」はジャパンの略で神奈川
  県横須賀市にて燃料成型加工工場を操業。「−A社」はアメリカズの略で米国
  ノースカロライナ州ウィルミントンにて燃料加工工場を操業。

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします