プレスリリース 2004年

(お知らせ)新潟県中越地震にともなう緊急支援について(第4報)

                           平成16年10月29日
                           東京電力株式会社

 当社は、新潟県中越地震にともない、以下のような緊急支援を実施すること
といたしましたので、お知らせいたします。

建物応急危険度判定業務
   十日町市からの要請により、建物応急危険度判定業務のために当社社員
  を派遣。
場 所 :十日町市内
人 数 :30名程度(1班10名程度による3班態勢、1班で2泊3日の予定)
期 間 :平成16年10月30日(土)から11月5日(金)までを予定。
主な業務:住民の皆さまの安全をはかるため、建物の外観・基礎等のひび割れ
     などの有無を確認し、建物の安全性を判定する。

柏崎刈羽原子力発電所における支援
  刈羽村のボランティア公募(本日午前10時公募開始)に対して、企業ボラ
 ンティアとして応募。本日午後1時〜午後8時と、30日・31日午前9時〜午
 後8時まで救援物資の配布等を行う予定(刈羽村第二体育館)。
  ボランティア要員は、本日は4名。(午後1時〜午後5時と午後5時〜午
 後8時の2回に分けて2名ずつ。30日、31日の要員数は、本日の状況を踏ま
 え、検討していく予定。)

                                以 上
 

<参考:これまでの当社の対応状況>

○態勢
・10月23日 午後7時   信濃川電力所 非常災害対策本部設置
・10月23日 午後7時40分 柏崎刈羽原子力発電所 地震対策本部設置
・10月24日 午前11時30分 本店内 新潟県中越地震対策本部設置

○支援
・10月24日 発電車29台(高圧用4台、低圧用25台)、小型高所作業車15台、
      要員約120人を現地での電力供給と配電線復旧作業等のため、現
      地に向け派遣。
・10月25日 小千谷市に仮設トイレ37台を、また、十日町市に非常用食糧
      5,000食、および簡易カイロ5,000個を提供。
・10月26日 (食糧支援)
       ・小国町 アルファ米5,000個、缶詰7,500個
       ・越路町 ミネラルウォーター7,400本、クラッカー1,100個、
            アルファ米4,200個、缶詰5,300個
       ・川口町 ミネラルウォーター10,000本、クラッカー2,500個、
            アルファ米5,000個、缶詰7,500個

      (IHクッキングヒータの提供)
       ・当社関連企業の株式会社東電ホームサービスと協力し、IH
        クッキングヒータ200台と調理用鍋200個を、小千谷市に提供。

      (柏崎刈羽原子力発電所における支援)
       ・サービスホール(刈羽郡刈羽村大字刈羽)を、午前6時から
        午後10時までの間、被災された方々にトイレ・休憩所として
        開放。
       ・刈羽村と調整し、当社西浦社宅(刈羽村)4戸分、被災され
        た方々の仮住居として用意。
       ・降雨による災害等の対応用として、柏崎刈羽原子力発電所協
        力企業に協力してもらい、ブルーシート等117枚を柏崎市に
        提供。
       ・コップ類(紙・プラスチック)3,600個を刈羽村に提供。

                                以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします