プレスリリース 2005年

柏崎刈羽原子力発電所の累計発電電力量7,000億キロワット時の達成について〜ドラム缶8億3,000万本分の原油に相当積み重ねると月への距離(約40万キロメートル)の二倍に〜

                             平成17年2月21日
                             東京電力株式会社
                           柏崎刈羽原子力発電所

 当所は、永年にわたる地域の皆さまのご理解・ご協力に支えられ、昭和60年2月
13日に1号機が試運転を開始してから今年で20年目を迎えますが、昨日(20日)
午後8時18分頃、当所の累計発電電力量が7,000億キロワット時*1に達しました。
 この発電電力量を原油に換算すると約1億6,500万キロリットルとなり、日本全
体の年間原油輸入量*2の7割弱に相当します。また、この発電電力量をすべて石
油火力により発電した場合と比べると、約4億9,280万トンのCO2の排出を抑制
*3したことになります。
 当所では、今後とも安全・安定運転を前提として、さらなる業務品質の向上をは
かるべく再生活動に着実に取り組んでまいります。

                                  以 上

 *1 キロワット時
    「キロワット時」は、ある一定時間の電力消費量を示す単位です。
    (例)ヘア・ドライヤー(出力1,200ワット)を1時間連続で使った場合
       の電力使用量は、1.2キロワット時。

 *2 日本全体の年間原油輸入量
     日本全体の年間原油輸入量は、平成15年度実績で約2億4,485万キロリ
    ットルです。

 *3 約4億9,280万トンのCO2の排出を抑制
     日本全体の年間CO2排出量(平成14年度実績で約12億4,760万トン)
    の4割強に相当する量です。

添付資料
・参考(PDF 22.2KB) 


pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー



	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします