プレスリリース 2005年

定期検査中の福島第二原子力発電所3号機の制御棒駆動機構ハウジングにおけるひびらしきものの確認について

                            平成17年2月23日
                            東京電力株式会社
                          福島第二原子力発電所

 当所3号機(沸騰水型、定格出力110万キロワット)につきましては、平成16
年12月2日より第13回定期検査中ですが、平成17年2月16日から実施している制
御棒駆動機構ハウジング*1スタブチューブ*2溶接部の応力改善作業*3におい
て、水中カメラによる目視点検を実施していたところ、本日午前10時15分頃、当
該溶接部近傍の制御棒駆動機構ハウジングの表面にひびらしきものを確認いたし
ました。
 今後、詳細に調査いたします。
 本事象による外部への放射能の影響はありません。

                                 以 上

*1:制御棒駆動機構ハウジング
   制御棒駆動機構が納められている筒
*2:スタブチューブ
   ハウジングを原子炉圧力容器に固定するための継手
*3:応力改善作業
   制御棒駆動機構ハウジングスタブチューブ溶接部の応力腐食割れ予防保全
   の観点から、溶接部近傍に残っている応力(引張る力)を改善するための
   作業

添付資料
・制御棒駆動機構ハウジング概略図(PDF 23.5KB) 


pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー



	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします