プレスリリース 2005年

原子力発電所における非常用炉心冷却系統ストレーナに関する報告について〜柏崎刈羽原子力発電所4号機及び6号機に関する報告書の提出について〜

                             平成17年4月22日
                             東京電力株式会社

 当社は、経済産業省原子力安全・保安院からの「非常用炉心冷却系統ストレーナ
閉塞事象に関する報告徴収について(平成16年6月25日付)」の指示にもとづき、
当社原子力発電所について、本指示以降に定期検査を開始したプラントから順次、
原子炉格納容器内における保温材等の実地調査、非常用炉心冷却系統(ECCS)
ストレーナ(注)(以下「ストレーナ」という)の評価、ならびにECCS機能の健
全性を確実にするためのストレーナの目詰まり防止または緩和に有効な運用管理面
の対策立案を行ってきました。
 このたび、柏崎刈羽原子力発電所4号機及び6号機の調査ならびに評価結果がま
とまり、また全プラントに対する運用管理面の対策を立案したことから、本日、経
済産業大臣に報告書を提出いたしましたのでお知らせいたします。

 引き続きその他のプラントについても順次調査ならびに評価を実施してまいりま
すが、現状においても全プラントについて運用管理面の対策(ECCSポンプを一
時的に止めることによるストレーナの目詰まりの解消、ECCS水源切替え等の操
作手順の整備、運転員の訓練など)を確実に実施しており、プラントの安全性は確
保されると考えております。
 なお、より一層の安全性向上を図る観点から、今後、計画的に定期検査において、
ストレーナの大型化工事等を実施してまいります。

                                  以 上

(注):非常用炉心冷却系統(ECCS)ストレーナ
    原子炉冷却材喪失事故時に原子炉に注水するため、ECCSポンプが設置
   されているが、水源であるサプレッションプールに異物があった場合にポン
   プに吸い込まれてポンプ等に悪影響を与えるのを防止するため、プール内の
   配管入口に設置されている金網


添付資料 
・「柏崎刈羽原子力発電所4号機及び6号機非常用炉心冷却系統ストレーナ閉塞事 
象に関する報告書」の概要(PDF 22.2KB)非常用炉心冷却系統(ECCS)ストレーナに関する報告について(PDF 138KB) 


pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー



	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします