プレスリリース 2005年

ダーウィンLNGプロジェクトのLNG売買契約書の締結について〜ガス田の開発・生産から自社消費に至る一貫したLNGバリューチェーンの完成〜

                            平成17年8月8日
                            東京電力株式会社
                            東京ガス株式会社

 東京電力株式会社と東京ガス株式会社は、ダーウィンLNGプロジェクトから
のLNG購入について、売主であるダーウィンLNG社と平成14年3月11日に締
結した基本合意書(HOA:Heads of Agreement)に基づき契約の詳細条件を協
議してまいりましたが、本日、オーストラリア連邦北部準州ダーウィンにおいて
LNG売買契約書に調印いたしました。

 このたび締結した契約は、エネルギー市場における規制緩和の進展など両社を
取り巻く環境の変化に対応すべく、一定の条件のもとLNGの輸送先を両社基地
以外にも変更することが可能であることや受渡条件をFOBとするなど、柔軟性
と経済性に優れた内容となっております。契約数量は、東京電力が200万トン/年
(平年ベース)、東京ガスが100万トン/年(平年ベース)となっており、両社
とも、自社船を活用するなど自らLNG船を手配し、輸送いたします。

 両社は、ガス田の開発・生産事業からパイプライン事業、液化プラント事業ま
で手がける「ダーウィンLNGプロジェクト」に参画しておりますが、このたび
の売買契約により、当プロジェクトのガス田(「バユ・ウンダン・ガス油田」)
から生産されるLNGを、自ら消費するという一貫したLNGバリューチェーン
を構築することになり、より安定的かつ経済的な燃料・原料調達に資するものと
考えております。

<売買契約の概要>

 契約当事者:売主 ダーウィンLNG社
       買主 東京電力株式会社、東京ガス株式会社
 契約数量 :東京電力 200万トン/年
       東京ガス 100万トン/年
 契約期間 :2006年1月から17年間
 受渡形態 :FOB(買主である両社がLNG船を手配し輸送。)

                                 以 上

添付資料 
・別紙(PDF 30.5KB) 


pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー



	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします