プレスリリース 2006年

柔軟なシステム構成が可能な業務用給湯機「日立業務用エコキュート」の開発・販売について

-業界トップクラスのCOP4.07を達成-


                             2006年1月31日
                日立ホーム&ライフソリューション株式会社
                            関西電力株式会社
                            東京電力株式会社

 日立ホーム&ライフソリューション株式会社(取締役社長:石垣 忠彦、以下
日立H&L)と関西電力株式会社(取締役社長:森 詳介)、東京電力株式会社
(取締役社長:勝俣 恒久)の3社は、このたび、コンパクトでハイパワーな高
効率業務用給湯機「日立業務用エコキュート(*1)」を共同で開発いたしました。
本年6月より日立コンシューマ・マーケティング株式会社などから販売を開始い
たします。

 「日立業務用エコキュート」は、環境保全性の高い自然冷媒(CO2)を採用したヒ
ートポンプ給湯機で、高効率圧縮機と高性能熱交換器の開発により、業務用エコ
キュートとしては業界トップクラス(*2)の定格COP(*3)4.07を達成しました。
これにより給湯の省エネルギー化とエネルギーコストの低減が可能となります。
さらに、ヒートポンプユニットをコンパクト化したことにより設置スペースの低
減も図れます。
 システムとしては、お客さまのニーズに応じて加熱能力15kWのヒートポンプユ
ニットを最大2台まで、貯湯容量560Lの貯湯タンクを最大6台まで組み合わせた
柔軟な構成が可能で、最大30kWの加熱能力と3,360Lの貯湯量が確保でき、飲食店
舗や老人保健施設など、給湯を必要とされる幅広いお客さまにご採用いただくこ
とができます。

 日立H&Lは、2004年度から小容量向けの業務用ヒートポンプ給湯機を商品化
(「第15回平成16年度省エネ大賞」を受賞)し、ご採用いただいたお客さまより
ご好評をいただいておりますが、このたびの「日立業務用エコキュート」による
製品ラインアップの拡充により更なる市場の拡大を図ってまいります。

 関西電力株式会社ならびに東京電力株式会社は、エネルギー間競争が激化する
中、お客さまのエネルギーコスト低減のニーズにお応えすべく、業務用給湯分野
においても高効率で低コストな機器の開発に努めてまいります。

 なお、6月の販売開始に先だち、本年2月7日から開催される展示会「HVAC&R
JAPAN 2006(主催:(社)日本冷凍空調工業会)」(*4)にも出展する予定です。

                                 以 上

(*1)「エコキュート」は電力会社・給湯機メーカーが自然冷媒ヒートポンプ
   給湯機を総称する愛称です。
(*2)2006年1月31日現在、業務用エコキュートにおいて。
(*3)COP (Coefficient of Performance)
    :成績係数(消費電力あたりの加熱能力を示し、値が大きいほど効率が
     高いことを表す)
(*4)「HVAC&R JAPAN 2006」(ヒーバックアンドアールジャパン)第34回冷凍
   ・空調・暖房展
   2006年2月7日(火)~10日(金)10:00~17:00(最終日は16:00まで)
   東京国際展示場(東京ビッグサイト)西展示場(西1ホール・西2ホール)
   主催:社団法人日本冷凍空調工業会(http://www.ics-inc.co.jp/hvacr/)


■取り扱い事業部・ご照会先
日立ホーム&ライフソリューション株式会社 冷熱事業部 ヒートポンプ給湯機部
〒105-8410 東京都港区西新橋二丁目15番12号(日立愛宕別館)
電話/(03)3506-1616(ダイヤルイン) [担当:渡邊]


添付資料
・開発者および開発機「日立業務用エコキュート」概要(PDF 36.9KB)
pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします