プレスリリース 2006年

福島第二原子力発電所3号機で使用していた原子炉再循環系配管のひびに関する指示について


                            平成18年2月8日
                            東京電力株式会社

 当社は、福島第二原子力発電所3号機で使用していた原子炉再循環系配管に新
たにひびが確認された事象について、本日、経済産業省原子力安全・保安院よ
り、新たに見つかったひびを定期検査中の超音波探傷検査で特定できなかった経
緯、誤認要因等の事実関係の調査、誤認の再発防止策の立案、当該ひびを踏まえ
た当該配管の健全性評価の報告に関する指示文書を受領いたしました。
 今後、この指示に基づき速やかに対応し、原子力安全・保安院に報告いたしま
す。

                                 以 上

*:新たにひびが確認された事象
   福島第二原子力発電所3号機において、今定期検査にて原子炉再循環系配
  管にひびが確認されたことから、当該配管について取り替えを実施した。
   その後、取り替えた当該配管について、健全性評価のための知見を拡充す
  るため、試験片の切り出しによる断面調査を実施していたところ、当初超音
  波探傷検査により確認していた箇所以外にひびを確認した。当時、今回の断
  面調査で新たに確認されたひびによる信号は、配管溶接時の形状の変化によ
  るものと判断していた。

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします