プレスリリース 2006年

点検停止中の福島第一原子力発電所3号機ハフニウム板型制御棒の点検結果および一部欠損部の回収について

                             平成18年3月7日
                            東京電力株式会社

 当社・福島第一原子力発電所3号機(沸騰水型、定格出力78万4千キロワット)
は、平成18年2月22日より点検停止*1中ですが、3月3日より、原子炉内から取
り出したハフニウム板型制御棒*2(18本)のうち、比較的熱中性子照射量の高い
制御棒2本(熱中性子照射量約5.3×1021n/cm2)について外観確認を実施してい
たところ、1本の制御棒にシース部*3のひび、もう1本の制御棒にシース部およ
びタイロッド部*4のひびとシース部の一部に欠損を確認いたしました。
                    (平成18年3月3日お知らせ済み)

 その後、残りの制御棒(16本)について外観点検を行った結果、本日までに新
たに3本の制御棒(熱中性子照射量約5.0×1021n/cm2以上)のシース部にひびが
認められました。一方、タイロッド部のひび等は確認されませんでした。
 また、制御棒の外観点検において確認されたシース部の欠損部分については、
3月4日に原子炉内の当該制御棒案内管*5内より回収し、翌5日に形状が欠損部
と一致することを確認いたしました。
 今回確認されたひびおよび欠損が生じた原因については、今後、調査いたしま
す。
 なお、今回取り出したハフニウム板型制御棒(18本)につきましては、ボロン
カーバイド型制御棒*6に取り替えを行っております。

 今回の点検結果につきましては、指示文書*7に基づき、本日、経済産業省原子
力安全・保安院へ報告いたしました。

                                 以 上

*1 点検停止
    原子炉再循環ポンプ(B)軸封部(メカニカルシール)のシール性が低
   下したことから、当該軸封部を取り替えるため、2月22日午前8時3分、
   原子炉停止。
                    (平成18年2月20日お知らせ済み)
*2 ハフニウム板型制御棒
    高い中性子吸収能力を有するハフニウムを使用した制御棒で、ボロンカ
   ーバイド型制御棒よりも寿命が長い。
*3 シース部
    ハフニウムを包んでいる金属板。
*4 タイロッド部
    シース、ハンドル等を接続している構造部材。
*5 制御棒案内管
    制御棒を引き抜いた際に制御棒を収納する管。
*6 ボロンカーバイド型制御棒
    高い中性子吸収能力を有するボロン(炭化ホウ素)を使用した制御棒。
*7 指示文書
    「制御棒のひび等に関する点検について」(平成18・01・19原院第1号)
     現在運転中の原子炉にあっては、ハフニウム板型制御棒について速や
    かに動作確認を行うこと等により、その機能について確認し、その結果
    について速やかに報告すること。また、至近の定期事業者検査において
    当該制御棒のひびおよび破損の有無について確認し、その結果について
    報告すること。(抜粋)

添付資料
・3号機ハフニウム板型制御棒の外観点検結果(PDF 34.9KB)福島第一原子力発電所3号機ハフニウム板型制御棒の外観点検結果(PDF 11.7KB) 


pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします