プレスリリース 2006年

KDDIと東京電力によるFTTH統合サービス「ひかりone」の提供開始について

 
                             2006年5月25日
                            KDDI株式会社
                            東京電力株式会社 

  KDDI株式会社(代表者:代表取締役社長兼会長 小野寺 正、以下「KD
DI」)と東京電力株式会社(代表者:取締役社長 勝俣 恒久、以下「東京電
力」)は、通信事業における包括的な提携に基づき両社が協力して提供するFT
TH統合サービスを「ひかりone」という新しい名称のもと、本年6月1日
(木)より本格的に提供開始します。

 「ひかりone」には、KDDIと東京電力が、ひとりひとりのお客様ニーズ
に合ったサービス(「one to one」)を、次々と提供するために、ひ
とつになることを目指すという意味を込めています。「ひかりone」では、光
ファイバを用いた高速・高品質なトリプルプレイ(ネットサービス、電話サービ
ス、TVサービス)をはじめ、楽しく便利で魅力あるサービスを提供していきま
す。

 具体的には、「ひかりone」という名称のもと、一戸建住宅及び集合住宅の
3階以下にお住まいのお客様を対象とした「ひかりoneホーム」を提供します。
この「ひかりoneホーム」では、KDDIのCDN*1 と東京電力の光アクセ
スネットワークを接続し、1Gbpsの光ファイバを分岐させて利用するGE-
PON*2 の技術を採用し、高速・高品質なサービスを提供します。さらに、両
社は販売などの面でも協力し、積極的な展開をはかっていきます。
 また、このたびの本格展開にあわせ、これまで両社が昨年11月から提供して
いる「KDDI&TEPCO 光キャンペーンプラン」およびKDDIが集合住
宅向けを中心に全国で提供している「光プラス」を「ひかりone」に改称*3
します。なお、東京電力が提供している「TEPCOひかり」については同名称
にて継続して提供します。

 「ひかりone」の各サービスは提携プロバイダを通じてお客様に提供してい
きますが、6月1日のサービス開始にあたっては、KDDIのプロバイダである
「DION」を通じて提供開始します。
 今後、「DION」以外の提携プロバイダとして、「@nifty」(ニフテ
ィ株式会社)、「DTI」(株式会社ドリーム・トレイン・インターネット)、
「BIGLOBE」(日本電気株式会社)(五十音順)の3社と提携する予定で
す。提携プロバイダは今後も順次拡大していきます。

 KDDIと東京電力は、「ひかりone」を中心として、携帯電話をはじめと
した通信サービスやエネルギーサービスとも連携し、商品力・価格競争力に優れ
たFTTHサービスのより一層の拡充を図っていきます。

 「ひかりone」の詳細は別紙のとおりです。


※1:CDN: Contents Delivery Networkの略。IP技術、大容量回線等を活用し、
   映像・音声等の配信に適したコンテンツ配信網。
※2:GE-PON: Gigabit Ethernet-Passive Optical Networkの略。光ファイバを
   分岐して複数ユーザーで共用する技術の一つ。Gigabit Ethernetを応用し
   て、収容局から家庭までEthernetのフレームをそのまま送受信することが
   できる。(IEEE802.3ah準拠)
※3:「KDDI&TEPCO 光キャンペーンプラン」および「光プラスホー
   ム」は「ひかりoneホーム」(DION)、「光プラスマンション」は
   「ひかりoneマンション」(DION)に各々改称されます。

                                 以 上

【お客様からのお問い合せ先】
 KDDIカスタマーサービスセンター TEL 0077-7168(無料)

添付資料
・別紙:「ひかりone」の概要(PDF 29.0KB) 
・参考資料1:「ひかりoneホーム」(DION)について(PDF 17.2KB) 
・参考資料2:ネットワーク概略図(PDF 360.0KB) 


pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします