プレスリリース 2006年

発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針の改訂を踏まえた地質調査の実施について


                            平成18年6月2日
                            東京電力株式会社

 発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針の改訂については、本年4月に原
子力安全委員会の耐震指針検討分科会において改訂原案が取りまとめられ、現在
実施中の意見公募を踏まえて正式に内容が決定される見通しです。
 今回の改訂は、耐震安全性のより一層の向上を目指して、最新の知見を取り入
れたものですが、既存の原子力発電所について、当社はこれまでも詳細な地質調
査ならびに十分な裕度をもって耐震設計を行い、かつ適宜最新の知見に照らして
耐震安全性を評価・確認してきており、耐震安全性は確保されていると考えてい
ます。

 その一方で、当社は原子力発電所の耐震安全性に対する信頼性を一層向上させ
るため、既存の原子力発電所についても、改訂指針が決定された後は、その内容
を踏まえた評価を計画的に実施することとしております。

 この評価にあたっては、地質調査、基準地震動の策定、機器・建屋などの地震
応答解析、耐震安全性評価という手順で実施する必要があることから、一定の期
間を要するものと考えております。このため、早期にこの評価を行い得るよう、
このたび、耐震安全性評価の第一段階として、改訂原案に照らしてこれまでの地
質調査を補完するための調査を、各原子力発電所にて実施することとしましたの
でお知らせいたします。

 なお、このたびの調査は、関係各所と必要な調整等を行ったうえで、今夏から
実施してまいりたいと考えております。

                                 以 上

添付資料
・別紙:発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針改訂に対応した地質調査に
    ついて(PDF 32.9KB)

pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします