プレスリリース 2006年

福島第二原子力発電所1号機における残留熱除去系流量調節弁の弁棒の折損について

 
                            平成18年6月7日
                            東京電力株式会社

 当社・福島第二原子力発電所1号機(沸騰水型、定格出力110万キロワット)
は、平成18年4月20日から定期検査を実施しておりますが、6月5日午前9時6
分頃、使用済燃料プールと原子炉側を冷却していた残留熱除去系(A系)を原
子炉側への冷却水供給のみへ切り替える作業において、原子炉に接続された配管
に設置してある流量調節弁の開操作を実施したところ、流量の指示が毎時約450m 
から毎時0mとなり、流量が確認できなくなりました。
 現場確認の結果、当該弁本体に何らかの不具合があるものと推定いたしました。
 なお、当該弁が閉止状態にあっても、原子炉は燃料プール冷却浄化系および原
子炉冷却材浄化系により冷却機能が保たれています。
 これによる外部への放射能の影響はありません。
                    (平成18年6月5日お知らせ済み)

 その後、当該弁本体を分解し調査を行っておりましたが、本日午前10時45分頃、
弁体を動かすための弁棒が弁体取り付け部分で折損し、弁体が落下していること
を確認いたしました。
 本件は、法令に基づく国への報告対象に該当するものと判断しております。

 今後、原因について調査いたします。

                                 以 上

*:残留熱除去系
  原子炉を停止した後の燃料の崩壊熱の除去(燃料の冷却)や非常時に原子炉
 水位を維持する系統(A系,B系,C系の3系統ある)で、使用済燃料プール
 を冷却しながら不純物を取り除き水質を保つ系統(燃料プール冷却浄化系)と
 原子炉側に冷却水の供給が可能。

添付資料
・残留熱除去系 流量調節弁概略構造図(PDF 29.6KB) 


pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします