プレスリリース 2006年

既存の建物(企業社宅)をオール電化賃貸マンションに再生する「コモド武蔵小杉リノベーションプロジェクト」について

                               平成18年8月14日
                               株式会社リビタ
                              東京電力株式会社

 株式会社リビタ(東京電力と都市デザインシステムの合弁会社:代表取締役社長 
内山 博文)と東京電力株式会社(取締役社長 勝俣 恒久)は、企業社宅一棟を丸
ごと空間リニューアルするとともに、付加価値が高いオール電化賃貸マンションに再
生する「コモド武蔵小杉リノベーションプロジェクト」について、準備を進めてまい
りましたが、8月19日にリビタが現地モデルルームをオープンいたします。
 また、東京電力は、同モデルルーム内にIHクッキングヒーターやエコキュートな
どの展示・説明スペース「オール電化展示コーナー」を開設いたします。

 本プロジェクトは、リノベーション分譲マンションで培ってきた商品企画・自由設
計ノウハウを活かした、リビタとして初めてのリノベーション賃貸マンションで、J
R・東急東横線「武蔵小杉」駅から徒歩3分にある企業社宅一棟を購入し、第三者機
関等の建物調査・診断結果に基づく修繕・改修を行い、新たな53戸の住まいとして再
生・賃貸するものです。

 具体的には、DINKSやファミリーをターゲットにするとともに、再開発が進められて
いる“武蔵小杉”で “心地よい(イタリア語でcomodo[コモド])”“自分らしい”
“エコロジカル”な暮らしを実現する住まいをコンセプトにしております。
 外観は、幕張メッセ北ホール等の設計・デザインを手掛けた今泉 純氏とのコラボ
レーションにより、エントランス・外構・外装を含めた敷地内の空間全体に、コンセ
プトカラーとしてグリーンを取り入れ、周辺環境やお住まいになる方にやさしい住ま
いの表情を演出するデザインにリニューアルいたします。住戸内部については、間取
り・素材・設備を刷新し、賃貸でも様々なライフスタイルに対応できるように、8タ
イプの間取りを設定いたしました。
 さらに床・建材・タイル等の色の組み合わせをフロア別に3種類ご用意するととも
に、初回入居者には、8月末までにお申し込みの方に限り、LDKのコンセプトウォ
ール(仕切り壁)の色を6種類からお選びいただけます。
 また、エネルギーや通信といったインフラ設備については、「オール電化」「光ファ
イバ・インターネット」を採用し、東京電力グループが快適で経済的なオール電化ラ
イフをサポートいたします。
 賃料は、管理費込みで139,000円(1LDK:48.10m2)~203,000円(3LDK:
72.18m2)で、入居開始は、本年9月下旬を予定しております。
 なお、本物件については、ホームページ(http://comodo-mk.com/)上でもご紹介し
ております。

 両社は、今後も引き続き、リノベーションやオール電化・情報化の推進等、お客さ
まの便利で快適な暮らしの実現に向けた協力を進めてまいります。

                                   以 上

添付資料
・参考1:「コモド武蔵小杉リノベーションプロジェクト」の概要(PDF 535KB) 
・参考2:リビタがこれまで手がけたリノベーションプロジェクト一覧(PDF 11.4KB)コモド武蔵小杉(表紙)(PDF 61.7KB)コモド武蔵小杉(間取図)(PDF 137KB) 


pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします