プレスリリース 2007年

定期検査中の柏崎刈羽原子力発電所5号機タービン建屋における温風送風機内からの発煙について

                             平成19年3月22日
                             東京電力株式会社
                           柏崎刈羽原子力発電所

 当所5号機(沸騰水型、定格出力110万キロワット)は第12回定期検査中ですが、
午前10時21分頃、タービン建屋地下2階にある電気油圧式制御装置室において火
災報知器が発報いたしました。当該室では、協力企業の作業員が油タンクを外側か
ら暖めるための温風送風機(直径:約60cm)に接続している電気ケーブルの電流測
定作業を行っておりましたが、温風送風機内からの発煙を確認したことから、速や
かに消防署へ通報するとともに初期消火を実施いたしました。

 その後、消防署の現場確認により、午前11時13分に鎮火が確認されました。

 今後、原因を調査いたします。

 なお、作業員にケガはなく、これによる外部への放射能の影響はありません。

                                  以 上

*:電気油圧式制御装置
   原子炉で発生した蒸気(主蒸気)圧力とタービン回転数を一定に保つため、
  電気信号により高圧の油を使って主タービンに送る蒸気などを制御する装置。


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします