プレスリリース 2007年

調整運転中の柏崎刈羽原子力発電所2号機におけるタービン制御系の油漏えいに伴う点検停止について

                             平成19年7月4日
                             東京電力株式会社

 当社・柏崎刈羽原子力発電所2号機(沸騰水型、定格出力110万キロワット)は、
平成19年6月10日午前6時32分に発電を開始し、現在調整運転中ですが、本日午前
4時7分頃、タービン制御系の油が漏れていることを示す警報が発生いたしまし
た。
 直ちに現場を確認したところ、タービン建屋地下1階に設置しているタービン蒸
気加減弁の油圧駆動装置4台のうち2台から油が滴下していることがわかりました。
 現在も油の滴下は続いておりますが、滴下した油は当該弁の下に設置してある油
受けにて全て回収しております。

 本事象は直ちに運転に影響を及ぼすものではありませんが、点検、原因の調査お
よび補修を行うため、本日午後5時からプラントの停止操作を開始いたします。

 なお、これによる外部への放射能の影響はありません。

                                  以 上

*:タービン制御系の油
   タービン蒸気加減弁等の油圧制御用の油。

添付資料
・柏崎刈羽原子力発電所2号機 油漏れ箇所概略図(PDF 16.6KB) 


pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー



	

	



			
			
		

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします