プレスリリース 2007年

新潟県中越沖地震の影響による柏崎刈羽原子力発電所のプラント状況について

                            平成19年7月19日
                            東京電力株式会社

 7月16日に発生した新潟県中越沖地震に伴い、当社・柏崎刈羽原子力発電所に
おいて発電所建屋内および屋外設備のうち、現時点で外観目視点検が可能な設備
に対して点検を実施してまいりましたが、本日までに一通りの点検を終了しまし
たので、下記のとおりお知らせいたします。

 ○ 7月16日に原子炉が自動停止した2号機、3号機、4号機および7号機に
  ついては、現在、原子炉は冷温停止中であり、安定した状態にあります。

 ○ 放射性物質の放出に関しては以下の2事象が確認されております。
  ・ 6号機における水漏れに伴う海水への放出(7月16日お知らせ済み)
    海水への放出が確認されており、放射能量は約9×10ベクレル(被ば
   く線量の合計は約2×10-9ミリシーベルト)です。
    放出に至った原因は、原子炉建屋のオペレーティングフロア(管理区域)
   上にあふれ出した使用済燃料プールの水が燃料交換機のケーブルと電線管
   を伝って非管理区域に滴下したことによるものと推定しておりますが、詳
   細な原因については調査中です。
  ・ 7号機主排気筒モニタにおけるヨウ素および粒子状放射性物質の検出
                        (7月17日お知らせ済み)
    現在までに主排気筒から放出された放射能量は約4×10ベクレル
   (被ばく線量の合計は約2×10−7ミリシーベルト)です。
    7号機における主排気筒からのヨウ素および粒子状放射性物質の放出に
   ついては、引き続き放射能量に関する評価を実施し、お知らせいたします。
   
 ○ 発電所建屋内および屋外設備のうち、現時点で外観目視点検が可能な設備
  に対する点検は、本日までに一通り終了しており、これまでに確認された主
  な不具合は別紙のとおりでした。
   なお、発電所において、今回の地震により道路の陥没やサービス建屋の壁、
  天井、階段のき裂、ケーブルトレイカバーの外れ等、安全機能や放射性物質
  の閉じ込め機能の喪失に関連しない様々な不具合を生じており、これらにつ
  いては、今後適切に復旧してまいります。
   また、今後も炉内構造物等の重要設備を含め点検計画を立案し、これに基
  づき詳細な点検を実施し、適宜お知らせしてまいります。

                                 以 上

別紙:新潟県中越沖地震発生による柏崎刈羽原子力発電所のプラント状況
                 (7月19日午後5時現在)(PDF 95.6KB)

 ※法令に定める基準値:法令に定める一般人の1年間の線量限度は1ミリシー
            ベルトです。なお、自然界から1年間に受ける一般人
            の線量は、2.4ミリシーベルトです。

pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします