プレスリリース 2012年

福島第一原子力発電所第2号機の原子炉圧力容器底部における温度上昇を踏まえた対応に関する指示文書の受領について

                             平成24年2月25日
                             東京電力株式会社

 当社は、昨日、経済産業省原子力安全・保安院より、「東京電力株式会社福島第
一原子力発電所第2号機の原子炉圧力容器底部における温度上昇を踏まえた対応に
ついて(指示)」の指示文書を受領いたしました。

 当社といたしましては、このたびの指示に基づき、今後、適切に対応してまいり
ます。

                                  以 上

* 指示文書
 東京電力株式会社福島第一原子力発電所第2号機の原子炉圧力容器底部における
 温度上昇を踏まえた対応について(指示)
                      (平成24・02・24 原院第4号)

 原子力安全・保安院(以下「当院」という。)は、貴社から、平成24年2月13日
付け「東京電力株式会社福島第一原子力発電所第2号機原子炉圧力容器底部におけ
る温度上昇を踏まえた対応に係る報告の徴収について」に基づき、平成24年2月15
日付け原管発官23第639号をもって、福島第一原子力発電所第2号機原子炉圧力容
器底部における温度上昇を踏まえた対応について、報告を受けました。
 当該報告で示された「今後のスケジュール」では、平成26年度以降に原子炉内温
度監視の代替手段に係る工事に着手するとされていますが、当該報告受領後も、第
2号機において、平成24年2月20日から24日までの間にかけて、温度計の1つの指
示値が大きく上昇していることが確認されています。
 今後も温度計の故障が発生すると、原子炉内温度の監視に支障が生じることから、
当院では、原子炉内温度監視の代替手段について、可及的速やかに実施可能なもの
を検討し、実施する必要があると考えます。
 このため、当院は、貴社に対し、下記の対応を求めます。

                  記

1.第2号機について、現在使用している温度計以外に原子炉内の温度を監視する
  ための代替手段に関し、現時点で実現可能性があると考えられる手段ごとに、
  実現する上での課題を明らかにした上で具体的な作業工程を示した実施計画を
  策定し、平成24年3月1日までに当院に対し、報告すること。

2.第1号機、第2号機及び第3号機の原子炉内温度並び原子炉格納容器内温度を
  監視するために現在使用している個々の温度計の指示値の信頼性を評価し、当
  院から指示があるまでの間、1か月に1度、当院に対し報告すること。 

ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします