トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所6号機非常用ディーゼル発電機のロジック確認試験中の原子炉冷却停止について(続報)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所6号機非常用ディーゼル発電機のロジック確認試験中の原子炉冷却停止について(続報)

平成25年7月25日
東京電力株式会社

 本日(7月25日)、福島第一原子力発電所6号機の非常用ディーゼル発電機Aのロジック確認試験(自動起動試験)として、6号機6.9kVメタクラ(電源盤)Cを停止したところ、午前10時16分頃に原子炉を冷却していた残留熱除去系B系が停止したことについての続報です。

 午後0時6分に残留熱除去系B系を再起動し、原子炉の冷却を再開しました。
 再起動後の運転状態は異常ありません。

 なお、午後0時現在の原子炉水温は27.6℃であり、運転上の制限値100℃に対して十分低い状況でした。また、現在、残留熱除去系B系停止の原因調査を行っております。

 

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします