トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所免震重要棟前に設置されたダストモニタの警報発生について(続報2)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所免震重要棟前に設置されたダストモニタの警報発生について(続報2)

平成25年8月19日
東京電力株式会社

 本日(8月19日)発生いたしました福島第一原子力発電所免震重要棟前に設置されている連続ダストモニタの高高警報の続報についてお知らせいたします。

 身体汚染を確認した2名はホールボディカウンター測定を行い、全員内部取り込みはありませんでした。

 また、連続ダストモニタについては午前9時29分頃(1台目)および午前9時34分頃(2台目)に高警報が発生しており、免震重要棟前で可搬型測定器にて午前9時50分から午前10時10分でダストの採取を行いました。ガンマ核種の測定結果は以下のとおりであり、セシウム濃度の上昇を確認しました。
 セシウム134:2.6×10^-4[Bq/cm3]
 セシウム137:5.8×10^-4[Bq/cm3]
 (参考)警報設定値
  高 :5×10^-5[Bq/cm3]
  高高:1×10^-4[Bq/cm3]

 なお、発電所内の全面(半面)マスク着用省略可能エリアでのマスク着用は継続しております。 

                                                                     以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします