トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所 大型クレーン先端ジブマスト傾倒の発生について(時系列の訂正)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所 大型クレーン先端ジブマスト傾倒の発生について(時系列の訂正)

平成25年9月6日
東京電力株式会社

 9月5日に発生いたしました、福島第一原子力発電所3号機原子炉建屋上部ガレキ撤去作業における大型クレーン先端ジブマスト傾倒について、時系列を以下の通り訂正させていただきます。

訂正後:
 9月5日午前8時40分頃、3号機原子炉建屋上部のガレキ撤去作業に使用している600トンクローラクレーンのジブ部(クレーンの腕部分)が伏せた状態となっていること、その後、午前11時43分頃に、主マストとの接合部材が損傷していることを当社社員が確認しました。

訂正前:
 9月5日午前9時15分頃、3号機原子炉建屋上部のガレキ撤去作業に使用している600トンクローラクレーンのジブ部(クレーンの腕部分)が伏せた状態となっており、主マストとの接合部材が損傷していることを当社社員が確認しました。

 お詫びして訂正させていただきます。


<以下、これまでにお知らせ済み(時系列訂正済み)>

 9月5日午前8時40分頃、3号機原子炉建屋上部のガレキ撤去作業に使用している600トンクローラクレーンのジブ部(クレーンの腕部分)が伏せた状態となっていること、その後、11時43分頃に、主マストとの接合部材が損傷していることを当社社員が確認しました。

 けが人の発生については確認されておらず、他設備の損傷についても確認されておりません。また3号機プラントパラメータ等に異常は確認されておりません。

 その後、当該クレーンをより安全な状態とするため、伏せた状態にあったジブ部および吊フック部の移動作業を9月5日午後8時20分から午後11時55分にかけて実施しました。他のクレーンにより当該クレーンの吊フック部を吊り上げて当該クレーンを旋回させ、ジブ先端部および吊フック部を3号機廃棄物処理建屋西側の地面に着座させました。

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします