トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 多核種除去設備(ALPS)C系統におけるスラリー移送ポンプの停止について

報道関係各位一斉メール 2013年

多核種除去設備(ALPS)C系統におけるスラリー移送ポンプの停止について

平成25年9月28日
東京電力株式会社

 多核種除去設備C系統は9月27日午前0時04分からホット試験(水処理設備で処理した廃液を用いた試験運転)を開始していましたが、同日午後10時37分に前処理設備のバッチ処理タンクからスラリー*を排出するラインにおいて流量が十分出ていないことが確認されたため、スラリー移送ポンプを停止し、スラリーの排出ラインについては循環待機運転に移行しました。

 原因については現在、調査中です。

 ホット試験については継続しています。

 多核種除去設備の系統図を含む資料については、当社ホームページに掲載しておりますので、ご参照願います。
 URL:http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_130822_04-j.pdf

*α核種等を取り除く目的で、処理水に塩化第二鉄、苛性ソーダ、ポリマーを添加することにより形成される沈殿物を含む液体。

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします