トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 多核種除去設備(ALPS)C系統におけるスラリー移送ポンプの停止について(続報5)

報道関係各位一斉メール 2013年

多核種除去設備(ALPS)C系統におけるスラリー移送ポンプの停止について(続報5)

平成25年9月30日
東京電力株式会社

 多核種除去設備(ALPS)C系統におけるスラリー*移送ポンプの停止についての続報です。

 多核種除去設備C系のバッチ処理タンク1C・2Cの水張り作業が完了し、準備が整ったことから、本日(9月30日)午前2時38分に多核種除去設備C系の汚染水処理を再開いたしました。

 なお、汚染水処理再開後にパトロールを実施し、漏えい等の異常がないことを確認しております。

 *α核種等を取り除く目的で、処理水に塩化第二鉄、苛性ソーダ、ポリマーを添加することにより形成される沈殿物を含む液体。

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします