トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所構内H6エリアの堰内溜まり水の漏えいについて(続報)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所構内H6エリアの堰内溜まり水の漏えいについて(続報)

平成25年11月9日
東京電力株式会社

 福島第一原子力発電所構内H6エリアの堰内溜まり水の漏えいに関する続報です。

 H6エリア堰内の水の分析結果が出ましたので、以下の通りお知らせします。

 ※セシウム134:検出限界値未満(検出限界値は9.7Bq/L)
  セシウム137:検出限界値未満(検出限界値は14Bq/L)
  ストロンチウム90:140Bq/L(簡易測定法により計測)

 応急的な止水処置として、漏えい箇所(H6-N-A1タンク南側の堰ドレン弁近傍)の堰の内側に、止水板および土のうを設置しました。この結果、本日午後6時47分に漏えいが停止していることを確認しました。

 また、漏えいの抑制対応として、本日午後6時39分から午後7時30分にかけて当該堰内の水の一部(約29m3)を地下貯水槽No.7へ移送しました。移送状況については、漏えい等の異常がないことを確認しております。

 なお、前回お送りしたメールの中で、漏えい水が溜まっている範囲は約30cm×約50cmとお知らせしましたが、その後、現場を詳細に確認したところ約80cm×約100cmでした。

※漏えいの状況および応急的な止水処置の状況(画像)につきましては、以下のURLからご覧ください。
 http://photo.tepco.co.jp/date/2013/201311-j/131109-01j.html

 以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします