トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2013年 > 米国情報「電源系統の設計における脆弱性」に係る原子力規制委員会への報告について

プレスリリース 2013年

米国情報「電源系統の設計における脆弱性」に係る原子力規制委員会への報告について

平成25年12月24日
東京電力株式会社

 当社は、平成25年10月24日、原子力規制委員会より、指示文書「米国情報『電源系統の設計における脆弱性』に対する報告について」*を受領しました。

平成25年10月24日お知らせ済み

 当社は、同指示に基づき報告書をとりまとめ、本日、原子力規制委員会に提出しましたのでお知らせします。

以 上

* 指示文書 「米国情報『電源系統の設計における脆弱性』に対する報告について」

 原子力規制委員会(以下「当委員会」という。)は、米国原子力規制委員会による情報「電源系統の設計における脆弱性」(Bulletin 2012-01)に記載された1相開放故障に係る事象について、発電用原子炉設置者に対し、下記のとおり、平成25年12月24日までに当委員会へ報告するよう求めることとする。

1.外部電源系に1相開放故障が発生した場合の検知の可否及び検知後の対応について、報告すること。

2.外部電源系における1相開放故障の状態が検知されない場合、発生すると予想される状態及び安全上の問題について、報告すること。なお、当該報告には、電源系の設備構成及び負荷の状態についての説明を含めること。

<添付資料>

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします