トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2013年 > 託送供給約款の変更届出について

プレスリリース 2013年

託送供給約款の変更届出について

平成25年12月26日
東京電力株式会社

 当社は、本日、平成26年4月1日を実施期日とする託送供給約款の変更届出を経済産業大臣に行いました。届出内容の概要は以下のとおりです。

1.自己託送に係る供給条件の設定

 平成25年11月に公布された改正電気事業法において、一般電気事業者に対して、平成26年1月6日までに自己託送の内容を盛り込んだ託送供給約款を届け出ることが義務づけられたことを踏まえ、このたび自己託送に係る料金その他の供給条件を設定いたしました。

※自己託送:
一般電気事業者が保有する送配電ネットワークを使用して、工場等に自家用発電設備を設置するお客さまが当該自家用発電設備を用いて発電した電気を、当該お客さまの別の場所にある工場等に送電するサービスのことをいいます。

 料金その他の供給条件は、基本的には特定規模電気事業者(新電力)等が託送供給を利用する場合と同様となりますが、主な相違点は別紙のとおりです。

2.消費税率変更に対応した供給条件の変更

 平成26年4月1日より消費税率が変更になることを踏まえ、料金単価等へ変更を反映いたしました。

以 上

別紙

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします