トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2014年 > 福島第一原子力発電所 淡水化装置(逆浸透膜式)付近における水溜まりの発見について(続報)

報道関係各位一斉メール 2014年

福島第一原子力発電所 淡水化装置(逆浸透膜式)付近における水溜まりの発見について(続報)

平成26年3月9日
東京電力株式会社

 先ほどお知らせした、福島第一原子力発電所淡水化装置No3(逆浸透膜式)マルチメディアフィルタ付近の堰内において、水溜まりが確認されたことに関する続報です。

 溜まり水表面の線量を測定した結果は以下のとおりです。
 ・70μm線量当量率(ベータ線):1.4mSv/h
 ・1cm線量当量率(ガンマ線) :0.1mSv/h
 また、水のない床表面の線量は以下のとおりです。
 ・70μm線量当量率(ベータ線):3.35~3.40mSv/h
 ・1cm線量当量率(ガンマ線) :0.1~0.15mSv/h 

 溜まり水については、線量当量率が水のない床表面の線量よりも低いことから、当該系統の水ではないと推定しておりますが、引き続き状況調査を行います。

 なお、先ほどお知らせした水溜まりの範囲(約0.5m×約2.5m)に深さ約1mmを追加します。

 

以 上

 

 

 

 


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします