トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2014年 > 福島第一原子力発電所 淡水化装置(逆浸透膜式)付近における水溜まりの発見について(続報2)

報道関係各位一斉メール 2014年

福島第一原子力発電所 淡水化装置(逆浸透膜式)付近における水溜まりの発見について(続報2)

平成26年3月9日
東京電力株式会社

 先ほどお知らせした、福島第一原子力発電所淡水化装置No3(逆浸透膜式)マルチメディアフィルタ付近の堰内において、水溜まりが確認されたことに関する続報です。

 溜まり水の主な核種の分析結果は以下の通りであり、2月11日に採取した淡水化装置入口水の分析結果とほぼ同程度でした。
 <溜まり水の分析結果>
 ・セシウム134:検出限界値未満
 ・セシウム137:2.2×10^2Bq/L
 ・全ベータ:2.3×10^7Bq/L 

 <参考:2月11日採取の淡水化装置入口水の分析結果>
 ・セシウム134:検出限界値未満
 ・セシウム137:1.7×10^3Bq/L
 ・全ベータ:2.8×10^7Bq/L
  *水処理設備の放射能濃度測定結果(平成26年3月4日公表)
   http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/water_140304-j.pdf

 水溜まりの発生原因は特定されておりませんが、結露水としては高い値であることから、淡水化装置の遮へい材に覆われている箇所も含め、引き続き原因調査を行います。

 なお、淡水化装置は停止しており、新たな水溜まり等も確認されていません。

 また、溜まり水については引き続き堰内に留まっており、範囲についても発見当時から拡大していません。

 

 

以 上

 

 

 

 


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします