トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2014年 > 福島第一原子力発電所6号機原子炉建屋地下における水たまりの発見について

報道関係各位一斉メール 2014年

福島第一原子力発電所6号機原子炉建屋地下における水たまりの発見について

平成26年3月11日
東京電力株式会社

 平成26年2月24日に福島第一原子力発電所6号機残留熱除去系A系(非常時熱負荷運転中)の系統水の一部が圧力抑制室に流れていることを発見しました。漏えい箇所を調査したところ、残留熱除去系ポンプ吸込ライン(A系、B系共通ライン)に設置されている安全弁から系統水が流れ込んでいる可能性が高いことから、当該安全弁の点検を実施することとしていました。(以上、お知らせ済み)

 本日(3月11日)、当該安全弁の点検の準備作業として、配管内の水抜きを行っていたところ、同日午後0時22分頃、6号機原子炉建屋地下2階南西側サンプ(*)エリアで漏えい検知器が動作したことから、現場確認を行ったところ、当該エリア床面に約5m×約3m×深さ5cmの水たまりを発見しました。

 同日午後0時28分頃に配管内の水を送っていたサンプから、同じエリアにある別のサンプへ水を送っていた仮設ポンプを停止したことにより、漏えいが停止したことを確認しました。

 本件については、現在、漏えい状況及び原因等を調査しております。

 

(*)サンプ:各建屋内の機器(ポンプ・配管等)からの排水・漏えい水等を処理するために一時貯蔵するための水槽。

 

 

以 上

 

 

 

 


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします