トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2015年 > 「次世代洋上直流送電システム開発事業」への参画について

プレスリリース 2015年

「次世代洋上直流送電システム開発事業」への参画について
~高信頼性・低コストの送電システム開発で洋上風力導入を促進~

2015年6月30日
東京電力株式会社

 当社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募する「次世代洋上直流送電システム開発事業」に応募しておりましたが、このたび委託事業者として採択を受けました。

 今後の大規模洋上風力の設置には、陸上の系統と連系するため、高い信頼性を備え、かつ低コストで実現できる送電システムが必要となることから、本事業は、洋上風力の連系拡大・導入加速に向けた基盤技術を確立することを目標として、2015年6月から2020年3月までの5年間、当社を幹事会社とする全10法人で実施いたします。

 具体的には、洋上と陸上の複数のポイントで相互に接続し、長距離送電に適した世界トップクラスの電圧と送電容量を有する「多端子自励式直流送電システム」の実用化に向けた技術開発を実施いたします。

 当社としては、引き続き安定的に電気をお届けする事業者としての責任を持続的に果たしていくとともに、本事業を通じて多端子自励式直流送電技術を開発することにより、政府が掲げる再生可能エネルギーの導入を最大限加速させるという目標の達成に向けて取り組んでまいります。

<ご参考>
 国立研究開発 法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)による事業
 http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100406.html

以 上

<参考>

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします