トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2015年 > 電力スマートメーターシステムを活用したガス検針業務の自動化に関する共同実証試験の開始について

プレスリリース 2015年

電力スマートメーターシステムを活用したガス検針業務の自動化に関する共同実証試験の開始について

2015年12月21日
東京電力株式会社
東京ガス株式会社

 東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己、以下「東京電力」)と東京ガス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:広瀬道明、以下「東京ガス」)は、2016年1月から、東京電力のスマートメーターおよびスマートメーターシステムを活用した東京ガスの検針業務の自動化に関する共同実証試験(以下「本実証」)を開始します。

 具体的には、東京都小平市の約500戸の住宅において、東京電力がすでにお客さま宅に設置しているスマートメーターと、東京ガスが新たに設置した試験用のガスメーターを無線通信で接続したうえで、東京電力のスマートメーターシステムを活用し、東京ガスが試験用ガスメーターの検針データを取得する通信試験を実施します。

 本実証では、東京ガスが通信成功率や通信所要時間等の確認を行うことで、検針業務の自動化に必要な装置やシステム全体の性能・有効性を検証し、東京電力はスマートメーターおよびスマートメーターシステムを活用した新たな事業展開に向けて、技術・運用面での課題抽出を行う予定です。

 両社は、本実証を通じて得られた知見や課題の解決を通じて、お客さまの電力・ガス料金のご負担軽減や業務効率化に取り組むとともに、両社でシナジー効果を発揮できる分野においては協調関係を継続し、広く社会に貢献してまいります。

以 上

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします