トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2016年 > 福島第一原子力発電所敷地境界付近のダストモニタ1箇所における高警報の発生について

報道関係各位一斉メール 2016年

福島第一原子力発電所敷地境界付近のダストモニタ1箇所における高警報の発生について

 2016年1月13日
東京電力株式会社


 本日(1月13日)午後0時39分、福島第一原子力発電所敷地境界付近のモニタリングポストNo.7近傍(敷地南側)に設置しているダストモニタにおいて、ダスト放射能濃度の上昇を示す「高警報(警報設定値:1.0×10^-5Bq/cm3)」が発生しました。

 その後、同日午後2時6分、当該モニタの「高警報」が復帰しており、警報発生前の値に戻ったことを確認しました。

 当該モニタ以外の発電所構内のダストモニタおよびモニタリングポストの指示値に有意な変動はありません。

 同日午後0時40分時点の風向および風速は以下の通りです。
 風向:南南東、風速:4.3m/s
 なお、風向については、午前11時20分から南南東であり、発電所方向に向かって吹いていたものであることを確認しております。

 今後、当該ダストモニタの警報が発生した原因を調査します。

 

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします