プレスリリース 1999年

調整運転中の福島第二原子力発電所1号機の一時的な出力低下の原因と対策について



                                               平成11年4月6日
                                               東京電力株式会社

 定期検査中の当社・福島第二原子力発電所1号機(沸騰水型、定格出力
110万キロワット)は、調整運転中のところ、4月2日午後4時40分頃、タ
ービン復水器の逆流洗浄運転中に真空度が低下したため、出力が定格の 
110万キロワットから約96万キロワットまで低下しましたが、逆流洗浄運転
を停止したところ同日午後4時53分頃定格出力に復帰しました。
                     (平成11年4月2日発表済)
 この一時的な出力低下の原因について調査したところ、手動にて逆流洗
浄装置を運転操作する際に、本来、復水器の6つの水室を順次逆流洗浄運
転すべきところ、誤って6水室同時に運転操作を開始したことが判明しま
した。その結果、復水器に入るべき海水の量が一時的に減少し、冷却能力
が低下しました。このため、復水器の真空度が低下し、発電機の出力が低
下したものです。
  今後の対策として、手順書に複数の水室を同時に洗浄しない旨の注意書
きを記載し、現場制御盤にも同様の表示を行うとともに、今回の事例を周
知徹底し誤操作の再発防止を図ることとしました。

 なお、資源エネルギー庁による国際原子力事象評価尺度(INES)暫
定評価では、評価対象外となります。

                                                         以 上

<参 考>
 1.復水器は3台設置されており、それぞれが2水室、計6水室で構成
  されています。
 2.逆流洗浄運転は、復水器内を循環している海水を定期的に逆に流す
  ことにより、復水器内の細管に付着する藻や貝を洗浄し取り除くため
  に行うものです。   



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします