プレスリリース 1999年

福島第一原子力発電所におけるNFT型使用済燃料構内輸送容器の使用前検査合格及び構内輸送の再開について



                         平成11年5月19日
                         東京電力株式会社

 当社は、昨年10月に発生したNFT型使用済燃料構内輸送容器(以下構
内輸送容器)のデータ問題を受け、これらの構内輸送容器による発電所構
内輸送を見合わせるとともに、再発防止対策を検討し、通商産業省に対し
て、再点検結果の報告などを行ってまいりました。
 その後、構内輸送再開に向けて、工事計画認可申請(4月28日認可 同
日お知らせ済)などの諸手続を進めてまいりましたが、本日、福島第一原
子力発電所にある構内輸送容器6基について、通商産業省から使用前検査
合格書を受領し、構内輸送容器の使用を再開しても問題ない旨のご判断を
いただきました。
 これを受け、当社は、5月21日から、これらの構内輸送容器による同発
電所5号機から共用プールへの構内輸送を再開することといたします。
 当社としては、今回の使用済燃料輸送容器のデータ問題を重く受け止め、
引き続き再発防止につとめるとともに、今後とも、安全を第一に原子力発
電所を運転していく所存です。

                              以 上

<参考>NFT型使用済燃料構内輸送容器のデータ問題の経緯
 平成10年
  10月6日 データ問題発覚
    7日 当社を含む電力4社に対して国から調査の指示
    13日 遮へい材データの調査結果を通商産業省へ報告
  11月12日 追加調査について通商産業省へ報告
  12月3日 当社を含む電力4社から国へデータ問題に対する調査結果
       と再発防止対策及び容器の遮へい安全性評価について報告
 平成11年
  2月22日 再点検結果について報告
  3月29日 当社における風土改革検討委員会検討結果を報告
  4月15日 工事計画認可申請
    28日 工事計画認可
  5月7日 使用前検査申請(福島第一原子力発電所)
     19日 使用前検査合格書受領(福島第一原子力発電所)




ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします