プレスリリース 1999年

「高速インターネット事業会社の設立について」(荒木会長の会見での挨拶要旨)



                                       平成11年8月11日
                                       東京電力株式会社

○  東京電力の会長の、荒木です。本来ならば南社長が出席して
 申しあげるところですが、以前から所用が入っており、本日は
 私から、このたびの事業構想について一言申しあげたいと思い
 ます。
 
○  このたび私どもは、先ほどの孫さんのお話にもありましたと
 おり、孫正義さん、ビル・ゲイツさん、と手を組んで、私ども
 の光ファイバー通信のインフラと技術を活用し、一般コンシュ
 ーマー向けの、使いたい放題、定額制で、これまでに例のない
 格安なインターネット・サービスを始めることにしました。

○  当社が持っている「光ファイバー通信」のインフラがどの程
 度のものかといいますと、実は、通信会社以外の企業として、
 当社は世界最大の光ファイバーネットワークを持っております。
 これは、電力会社の特徴である基幹送電系統から電柱に至るま
 での電力設備を活用して光ファイバーネットワークを充実して
 きたためで、関東一円に施設してある光ファイバーはこう長で
 約4万km、心線の延長では約130万km(地球約33周分)にものぼり
  ます。

○  また、技術的にも、私どもは昭和50年代にわが国で初めて
 「光ファイバー伝送」を実用化した実績を持っており、施工・
 運用両面にわたるノウハウの面でトップクラスの水準にあると
 自負しております。また、光ファイバーについては、20数年前
 に変電所の通信ネットワークとして導入したとき、電力の影響
 を受けない電力向きの優れた技術ということで感心したのをよ
 く覚えています。

○  こうしたことを踏まえまして、私どもは2~3年程前から、
 皆さまからどちらかというと疎んじられている「電柱」に何か
 付加価値をつけられないか、電柱に施設している光ファイバー
 ネットワークに何らかの付加価値を付けて、新しいビジネスや
 サービスができないものかと、CALSやEDIへの活用など
 の検討を重ねてまいりました。
  特に電柱は、電線がのっているだけではありません。通信線、
 CATVなどいろいろなものがのっているわけで、それらをも
 っと何とか使えないかということで勉強してきた訳です。

○  ただ、私どもの弱点のひとつは、光ファイバーネットワーク
 は持っていても、「足回り」を持っていないということです。
 すなわち、一般のお客さまへ最終的に接続するために必要な、
 通信の引込み線部分を持っていません。そこに何でアプローチ、
 アクセスしたらよいかということで、電力線搬送やCATV、
 PHS、ファイバー・トゥ・ザ・ホーム、さらには今回採用を
 考えている加入者無線など、いろいろと勉強してきた次第です。

○  もうひとつの弱点をあげると、私どもがインフラというハー
 ドを持っている一方で、ソフトを持っていないということです。
 外部のコンサルタントの方からも、「十分なソフトを持ってい
 る企業と協力してすすめる方が良いのではないか」といったア
 ドバイスをいただいておりました。

○  そうした中、丁度ひと月半程前に、ソフト分野で豊富なノウ
 ハウをお持ちの「孫さん」から、光ファイバーネットワークと
 高速無線を組み合わせることで低廉なインターネット料金を達
 成できるという画期的なアイディアをお伺いしたということで
 あります。インフラを持つ私どもと、アイデアを持つ孫さんの
 思惑が一致したということだと考えています。

○  国内のインターネットを中心とする通信分野では、NTTさ
 んのほぼ独占状態となっている引込線部分の接続料金が高いと
 の声があります。NTTさんとしてはこれまでの経緯もあって、
 米国のように「使いたい放題・定額制」で利用料金を大胆に下
 げるのは難しいと伺っています。しかし、私どもはこの分野で
 過去の古い歴史を背負っていないだけに、思いきって割安な料
 金を実現することが可能と考えたわけです。

○ 「ビル・ゲイツさん」については、改めて私から申し上げる
 までもありませんが、「孫さん」につきましても、今日のよう
 な変革の時代において、先見性を発揮し、スピーディーで戦略
 的な経営を実践している経営者として、かねてより、敬意を表
 しておりました。特に高速通信を利用するという優れたアイデ
 アや、物事をはこぶスピードの速さについて学ぶところが多く
 あると考えています。 
  これから力をあわせて事業を進めていくわけですが、特に、
 私としては、電気事業でも大切にしてきた「公益性」を重視し
 ております。今後は、イコールパートナーとして、この事業の
 持つ「公益性」をともに育て、社会的な役割をしっかりと果た
 していくことが大切だと考えています。

○  いずれにしても、このような素晴らしいお二人と「画期的な
 共同プロジェクト」をすすめることは、私としても極めて喜ば
 しいことでありますし、これが起爆剤となって、わが国のイン
 ターネット時代が本格的な幕開けを迎え、わが国の活力ある情
 報化社会の新たな一ページとなることを心から期待する次第で
 す。

○  つきましては、当事業について、国をはじめとする関係各位
 の適切なご指導をお願い申し上げますとともに、皆さまのあた
 たかいご支援を心よりお願い申し上げます。

○  私からは以上です。
                                                
                                                 以 上



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします