プレスリリース 1999年

ヨルダンの配電線網の電力損失低減に関する調査の実施について



                                                        平成11年9月8日
                                                        東京電力株式会社

  当社はこのたび東電設計(株)と共同で、ヨルダンの配電線網の電力損失(配電
ロス)低減に向けた調査を実施することといたしました。

 ヨルダンは、電源のほぼ100%が火力発電ですが、同国内には石油などのエネルギ
ー資源がほとんどないことから燃料の大半を輸入に依存しています。このためヨルダ
ン政府はエネルギーセキュリティの確保と、発電コストの低減、さらには環境保全の
向上のために、国の緊急課題として省エネルギーの徹底と電力ロスの低減を図ること
に取り組んでいます。

  このたびの調査は、こうした取り組みの一環としてヨルダン政府が要請するもので
あり、国際協力事業団(JICA)からの業務委託の形で、当社が中心となって、同
国配電線網について電力損失率を改善することを目的として、設備の改良・整備計画
をまとめるために実施いたします。

  具体的には、今後、約1年間で4回の現地調査を行い、ヨルダンの国内配電設備
(3.3万ボルト~415ボルト)のうち、約400回線について調査をおこない、来年11月
を目途に最終報告書としてまとめる予定です。

 当社は今後とも、長年にわたる経験やノウハウを活かし、海外の電力技術向上への
お手伝いを通じて、海外ビジネスを積極的に展開していく所存です。

                                   以 上
(資 料)
          ヨルダンの配電線網の電力損失低減に関する調査の概要

1.名 称 :「配電網電力損失低減計画実行可能性調査」

2.期 間 :平成11年9月6日~平成12年11月末

3.実施主体:
  ○ 東京電力株式会社
     所在地 :東京都千代田区内幸町1-1-3   電話番号:03-3501-8111
          社 長  :南 直哉
  ○ 東電設計株式会社
          所在地 :東京都台東区東上野3-3-3   電話番号:03-4464-5111
          社 長  :石井 清

4.役割分担:
    ・当 社 :総括、電力系統調査、中圧(3.3万V、1.1万V、6600V)配電計画
    ・東電設計:最適化計算
    ・共 同  :低圧(415V)配電計画


5.内 容  :
(1)ヨルダンの電力需要想定の再検証
(2)配電ロス率低減のための諸方策の策定
 1.ロス率を低減させるための配電設備の最適化シミュレーションの構築とそれを用いた分析
 2.今回の調査対象配電網(約400回線)の電力損失最適化計画の策定
 3.対象設備(3.3万ボルト~415ボルト)ロス率低減のための設備設計の見直し
 4.経済性と環境影響面からの評価

6.受託額 :約1億4000万円(予定)







ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします