プレスリリース 1999年

低レベル放射性廃棄物ドラム缶の検査結果について



                         平成11年10月8日
                         東京電力株式会社

 当社福島第一原子力発電所から青森県六ヶ所村にある日本原燃(株)低
レベル放射性廃棄物埋設センターへ9月12日に搬出した低レベル放射性廃
棄物ドラム缶1,760本(補修廃棄体912本を含む)について、埋設に向けた
国の指定廃棄確認機関(財団法人 原子力安全技術センター)による外観
検査等を同埋設センター内で受けておりましたが、そのうちの2本に液だ
れの跡があることが確認されました。このため、日本原燃(株)及び当社
にて詳細な分析調査を実施するとともに、当社は当該ドラム缶2本を福島
第一原子力発電所に持ち帰って詳細な原因調査を行います。
 なお、当該ドラム缶は補修を施したもので、当社福島第一原子力発電所
における搬出前の検査では異常は認められておりませんでした。
 これによる周辺の環境への影響はありません。
                                 以上



ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします