• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > よくあるご質問・お問い合わせ > お客さまの声にお応えして > お客さまからいただいたご意見・ご要望

お客さまからいただいたご意見・ご要望(2013年11月掲載)

東京電力では、お客さまからの貴重なご意見・ご要望を真摯に受け止め、経営に活かしてまいります。毎月いただいた声の内容を紹介いたします。

2013年10月にいただいたお客さまの声

柏崎刈羽原子力発電所の適合申請を行ったことに関連して、約200件の厳しいご意見をいただきました。

弊社は9月27日、柏崎刈羽原子力発電所6、7号機について、新規制基準への適合性確認の審査を受けるため、原子力規制委員会に適合申請を行いました。

この申請に関連して、みなさまから約200件(9月27日~10月31日)の厳しいご意見をいただきました。

みなさまからいただいた主なご意見は、以下のとおりです。


①福島の収束を先にするべきだとのご意見

原子力発電所を再稼働するとか言っている場合ではない。東京電力が先にやるのは福島の収束と地元の生活を元に戻すことだ。
今、東京電力は福島の収束に全資源を投入すべき時だ。柏崎刈羽原子力発電所の再稼働の準備などをする資源・余力はないはずだ。

②継続する汚染水問題の解決を求めたご意見

また汚染水が流出し国内外に迷惑がかかっている。早急に対処してほしい。完全に収束して安全が確保できなければ、柏崎の再稼働には反対だ。
福島の汚染水について、東京電力は今でも問題が起きてから対応している。柏崎刈羽原子力発電所の再稼働の関係で、福島の対応がおろそかになるのではないか心配だ。

③新潟県のみなさまの心情、柏崎刈羽原子力発電所の安全確保を重視するべきであるとのご意見

利益を確保するために柏崎刈羽原発の再稼働を急ぎたい、という趣旨の報道を聞いた。地元新潟の住民の気持ち、そして安全性の確保を最重要視してほしい。

みなさまからは、今回行った適合申請より福島の収束が先であるというご意見を多くいただきました。改めて、今なお福島県のみなさまをはじめ、多くの方々に大変なご迷惑とご心配をおかけしていることを心よりお詫び申し上げます。
福島の収束に向けて、弊社は引き続き、賠償、除染、復興推進に取り組んでまいります。その中でも、喫緊の課題である汚染水問題については緊急かつ最大の経営課題として重く受け止め、国からのご協力もいただきながら、国内外の英知を結集し、全社一丸となって解決に向けて取り組んでまいります。

今回の柏崎刈羽原子力発電所の適合申請については、福島の事故の当事者として、これまで得られた反省と教訓を踏まえて弊社が実施してきた安全対策が新規制基準に適合しているかどうかを、まずは国に確認していただくことが重要である、との考えから行ったものです。
安全対策に至らないところがありご指摘をいただいた場合には、更なる安全対策を実施し、地元新潟県のみなさまをはじめ広く社会のみなさまにご安心いただけるよう努めてまいります。

平成25年9月27日 弊社プレスリリース
柏崎刈羽原子力発電所6,7号機における新規制基準への適合申請について適合申請別ウィンドウで開く

これまでにいただいたご意見・ご要望へ

トップ「もっと真摯に、お客さまの目線で。」

ページの先頭へ戻ります