• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > よくあるご質問・お問い合わせ > お客さまの声にお応えして > お客さまからいただいたご意見・ご要望

お客さまからいただいたご意見・ご要望

東京電力では、お客さまからの貴重なご意見・ご要望を真摯に受け止め、経営に活かしてまいります。毎月いただいた声の内容を紹介いたします。

2017年1月にいただいたお客さまの声

契約電力の決め方に関するお問い合わせを約200件いただきました。

弊社は電力の全面自由化に伴い、2016年4月よりご家庭のお客さま向けの料金プランを拡充いたしました。このうち、プレミアムプラン、スマートライフプランなどをお選びいただいたお客さまから電気料金に関するお問い合わせをいただきました。

<お客さまの声>

   ・ 10月まで契約電力が1kWだったが、11月は2kW、12月は3kWと上がっている。
   ・ 以前は13kWの契約電力だったが今は3kW。間違いか?
   ・ 毎月基本料金が違うのはなぜ?

上記の料金プランにおける契約電力の決め方は、電流制限器(アンペアブレーカー)の大きさにより決定する従来の方法とは異なります。具体的には、一ヶ月間の30分単位の最大値を2倍した値をその月の最大需要電力とし、それ以前の11ヶ月の最大需要電力と比べて大きい方の値がご契約電力となります。

「スマート契約について(スマート契約の基本料金の決まり方)」




(イメージ)
(ピーク電力は、30分ごとの使用電力量をもとに算定されるため、瞬間的にドライヤーや電子レンジなどを同時に使っても一気には上がりません。)

実際のご家庭での家電の使い方でご説明すると(図1参照)、7時~7時30分の30分間に、炊飯器とともに乾燥機を使用されることで電気のご使用量が最大になっています。これを、洗濯機の使用時間を1時間ずらす(図2)ことで、最大値が低くなります。この様に使用時間を上手に調整し、消費電力の多い電化製品を同時に継続的に使用しないなどの工夫をすることで、電気料金の節約につながります。逆に、ある時間帯に継続してたくさんの電気をお使いになると、最大電力が更新され、その月以降1年間の基本料金が高くなる場合もありますのでご注意ください。(Webサイト「くらしTEPCO」では、30分ごとの使用電力量の実績を確認できますので是非ご利用ください。)

なお、弊社の新しい料金プランでは、従来のブレーカー契約スタンダードS、スタンダードLプレミアムS、プレミアムLも用意しておりますので、お客さまのライフスタイルに合わせてご選択下さい。

東京電力の小売電気事業は「東京電力エナジーパートナー」が引き継ぎました。

これまでにいただいたご意見・ご要望はこちら

ページの先頭へ戻ります