• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > お客さまの声にお応えして > 過去の改善事例一覧 > お客さまの声を活かした改善事例(2012年11月掲載)

お客さまの声を活かした改善事例(2012年11月掲載)

「原子力改革特別タスクフォース」を設置しました

■お客さまの声

こうしてほしい

・国会事故調査委員会のニュースをみました。企業というものは社会に対する使命があるはずです。もっと使命をもって行動してほしいと思います。(2012年5月)

・福島原子力事故の原因の究明が足りない。慎重に検証して原因を究明していかなければ、また同じような事が起こると思います。(2012年7月)

・電力会社の社員は、真摯な気持ちで、国会・民間・政府の事故調査委員会の資料を読み直してほしいです。(2012年7月)

■このように取り組んでいます

弊社は、福島第一原子力発電所事故に対する深い反省のもと、従来の安全文化・対策に対する過信とおごりを一掃し、不退転の覚悟を持って原子力部門の改革に取り組んでまいります。
また、「どのような事態が起きても過酷事故には至らないようにする」という決意のもと、国内外の専門家の意見を賜りつつ、これまでの安全に対する姿勢・思想を根底から改めます。

この改革を迅速かつ強力に実行するため、2012年9月付で社長をトップとする「原子力改革特別タスクフォース」を設置しました。

「原子力改革の取り組み」ページ
弊社ホームページ「原子力改革の取り組み」 別ウィンドウで開く

原子力改革タスクフォースの問題意識は次のとおりです。
今回の事故を振り返ってみれば、次の3点について、改善や安全性向上のチャンスがあったのではないかと考えています。

Ⅰ.事前の津波評価の時に、必要な対策を採れたのではないか。
Ⅱ.2002年以降も、過酷事故対策を継続的に強化していれば、事故の影響緩和が図れたのではないか。
Ⅲ.事故時にもっと上手に影響を緩和することができたのではないか。
これらの問題意識のもと、4つの分野に関する改革プランを実行してまいります。

○ 経営層からの改革
○ 自ら率いる組織改革
○ 業務プロセスの改革
○ 規制当局、立地地域、社会との関係の改革

また、この改革プランについては、海外の方を含む原子力改革監視委員会から監視・監督を受けております。

写真・映像ライブラリー  2012/10/12原子力改革監視委員会  記者会見 別ウィンドウで開く

この改革プランはゴールではなく、安全性向上のための不断の努力として進捗状況のチェックおよび見直しを実施してまいります。

過去の改善事例一覧へ

「でんき家計簿」に、会員登録なしでもご利用可能な【お試し版】を追加しました

■お客さまの声

こうしてほしい

「でんき家計簿」の料金シミュレーションは、会員登録しないでもっと手軽に試してみることはできないの?

■このように改善しました

従来より、過去1年間のご使用量にもとづいた各電気料金メニューの比較シミュレーションなどは、「でんき家計簿」の会員(登録無料)のお客さまに、ホームページ上でご利用いただいておりました。2012年10月より、会員登録しなくても、1か月分の電気ご使用量を入力することで、どなたでも【お試し版】をご利用いただけるようになりました。

お客さまの声にお答えします。

お手元に「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」をご用意の上、どうぞお気軽にご利用ください。

さらに、会員登録いただきますと、月々の料金内訳や最大過去2年分のご使用量・料金の実績一覧をホームページ上でご確認いただくことができ、データの更新時はメールにてお知らせいたします。

また、ご使用量・料金の実績については、Android用アプリでもご覧いただけます。是非この機会にご登録ください。

でんき家計簿

※お客さまのご契約期間やご契約内容の変更(引越し、名義変更、契約変更)により、最大月数分のデータやグラフが表示されない場合があります。

でんき家計簿別ウィンドウで開く

なお、お客さまのライフスタイルにあった料金メニューの試算は 電気料金お問い合わせダイヤル別ウィンドウで開く でも承っております。

過去の改善事例一覧へ

ページの先頭へ戻ります