• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > お客さまの声にお応えして > 過去の改善事例一覧 > お客さまの声を活かした改善事例(2014年8月掲載)

お客さまの声を活かした改善事例(2014年8月掲載)

東京電力の名をかたる不審な電話への対策を講じています。(2014年8月掲載)

■お客さまの声

こうしてほしい

・東京電力の保安コールセンターと名乗り、「検針票を見てください」「電気代が安くなる」など頻繁に電話があり、大変迷惑している。東京電力として何か対応して欲しい。

・東京電力を名乗る男性から、「契約の件でこれから伺うので何日がいいか」と連絡があり、詳細を聞くと一方的に電話を切られた。本当に東京電力なのか。

・東京電力の委託会社から「動力の測定をする」といって電話があった。そのような調査を依頼しているか。

■ このように取り組んでいます

東京電力や関係会社の社員などを装い、不審な電話がかかってきたというご連絡と、東京電力としてこのような不審な電話へ対策をしてほしいというご要望を多数いただいております。そうしたお客さまの声をもとに、以下の取り組みを行っています。

弊社ホームページに、東京電力の架空の部署や委託会社等と名乗る不審な電話の、「具体的な手口」を掲載しました。掲載ページはこちら別ウィンドウで開く

東京電力の名をかたる不審な電話にご注意ください!


「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」や弊社発行のご案内文書等を利用し、注意喚起を行っています。
警察や消費生活センターなどへ相談し、情報提供を行っています。

お客さまの声にお答えします。


引き続き、弊社の名をかたるご迷惑な電話の対策を講じてまいります。

過去の改善事例一覧へ

ページの先頭へ戻ります