家庭用都市ガス小売事業への参入について
~2017年4月からのガス全面自由化を見据え、小口卸基本契約を締結~

2016年12月26日
東京電力エナジーパートナー株式会社
日本瓦斯株式会社

 本日、東京電力エナジーパートナー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小早川智明、以下「東電EP」)と日本瓦斯株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田眞治、以下「ニチガス」)の両社は、ニチガスが2017年4月以降、主にご家庭向けに販売する都市ガス(13A)について東電EPが卸供給を行う基本契約を締結いたしました。

 これまでに、ニチガスおよびニチガスグループ3社は2017年4月以降、販売する都市ガス(13A)の全量(LNG換算約24万トン/年:お客さま32万軒相当)について、東電EPから卸供給を受ける基本契約を締結しております(2016年5月9日お知らせ済み)。
 両社は、今回の契約と合わせて、都市ガス全面自由化初年度は50万軒相当のお客さまへの販売拡大を目指し、ニチガスは2017年4月から、東電EPは同年7月から販売開始を予定しております。
 なお、両社は2019年度を目途に、100万軒相当のお客さまへ販売可能な条件を整備してまいります。

 また、両社は、都市ガス全面自由化の下で、両社が有するガス販売に必要な機能やノウハウの活用により、ガスをご利用頂くお客さまに、メニューやサービスのラインアップの拡充を進めてまいります。
 さらに、今後、都市ガス市場の活性化を目的として、両社の有するガス販売に必要な機能やノウハウを融合するプラットフォームを整え、新たにガス小売事業へ参入される事業者さまへ安定的なガスの供給とサービスを提供する仕組みを整備いたします。その際、両社の戦略提携の選択肢として共同出資会社の設立などについても協議してまいります。

以 上

別紙

参考

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2016年一覧
  5. 家庭用都市ガス小売事業への参入について
    ~2017年4月からのガス全面自由化を見据え、小口卸基本契約を締結~