ベンチャー企業等への出資を専門に行う東京電力フロンティアパートナーズ合同会社の設立について
~積極的かつ機動的な出資で、新商品・サービス開発を加速~

2018年5月8日
東京電力エナジーパートナー株式会社

 当社は、新商品・サービスの開発から市場への投入までを迅速に進めるため、ベンチャー企業等への出資を専門に行うコーポレートベンチャーキャピタル「東京電力フロンティアパートナーズ合同会社」(以下、フロンティアパートナーズ)を、本日、設立いたしました。

 フロンティアパートナーズは、「暮らし」をキーワードとした社会の課題解決に資する優れたアイデアや先端技術、ベンチャースピリッツを持つ企業等(起業家、事業サービス会社等)に対して出資を行います。

 具体的には、2017年9月に設立した新商品・サービスの開発を専業に行うTEPCO i-フロンティアズ株式会社(以下、TiF)が選定した企業等に対して、フロンティアパートナーズは、2020年までに総額8億円を積極的かつ機動的に出資し、TiFと連携して当社の新商品・サービス開発を更に加速してまいります。

 当社は、総合エネルギーサービス企業として、お客さまの暮らしと企業の成長を強く支えるとともに、多様なニーズにお応えする新しい価値の創造に挑戦し続けてまいります。

以 上

<参考>

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2018年一覧
  5. ベンチャー企業等への出資を専門に行う東京電力フロンティアパートナーズ合同会社の設立について
    ~積極的かつ機動的な出資で、新商品・サービス開発を加速~