低圧電力

従来からご利用いただいている動力を使用する場合の料金プラン

50kW未満の方向け

低圧電力

低圧電力には、以下の契約電力の決め方があります。お客さまのご使用形態に応じて、お選びいただけます。
商店や工場などでモーター等の動力を使用され、契約電力が原則として50kW未満の方むけのメニューです。
低圧電力は、標準電圧200V(三相3線式)で電気をお届けします。

料金について

契約電力

低圧電力には、以下の契約電力の決め方があります。お客さまのご使用形態に応じて、お選びいただけます。

主開閉器契約 契約主開閉器の定格電流値にもとづき、契約電力を決定する方法です。多数の電気機器を一度にご使用にならない場合、主開閉器契約にすることで、契約電力を低くおさえることが可能となります。
負荷設備契約 お客さまのご使用になる電気機器をあらかじめ設定していただき、その総容量(入力)に一定の係数を乗じて契約電力を算定する方法です。

季節区分

夏季・その他季に区分して計算します。

夏季 毎年7月1日から9月30日
その他季 毎年10月1日から翌年の6月30日

料金単価

(単位:1kW、1kWh)

  料金(税込)
基本料金 - 1,101円60銭
電力量料金 夏季 17円06銭
その他季 15円51銭
  • ご使用される電気機器の力率にもとづき算定した値(加重平均力率)が85%を上回る場合は、基本料金を5%割引し、85%を下回る場合は、基本料金を5%割増しいたします。

  • 電力量料金は、燃料価格の変動に応じて燃料費調整額を加算あるいは差し引きます。

  • まったく電気をご使用にならない場合の基本料金は、半額となります。

  • 電気料金を算定する際は、再生可能エネルギー発電促進賦課金を加算します。

低圧電力のご契約でエアコンをお使いのお客さまへ

エアコンをご使用にならない期間は、エアコン用のブレーカーを切っておくことをおすすめします。機器本体のスイッチを切っただけでは機能上少量の電気が流れるものがあり、ご使用になっていなくても、使用電力量が出てしまいます(使用電力量が0kWhの月は、基本料金は半額ですが、使用電力量が1kWhでも出ると基本料金を全額いただくことになります)。なお、使用開始時には、その数時間前にブレーカーとスイッチを入れてください。くわしくは取扱説明書をご覧ください。

力率と力率割引・割増

「力率」とは

電気をモーターなどの機器に使った場合、エネルギーの損失が生じ、実際に働いた電力(有効電力)は電圧と電流の積(皮相電力)より小さくなります。この比率のことを力率といいます。

力率(%)=実際に働いた電力(有効電力)/(電圧×電流(皮相電力))×100

「力率割引・割増」とは

力率が悪くなると供給設備をより大きくする必要が生じます。そこで力率の改善をおすすめする意味で低圧電力の場合、力率85%を基準としてそれより力率の良いものは90%、悪いものは80%に設定し、それぞれ基本料金を5%割引、割増します。

電気機器に基準どおりのコンデンサを取り付けて、力率を改善するようおすすめしています。

低圧電力へのご契約にあたって

低圧電力に関するご相談は当社カスタマーセンターにて承っていますので、お気軽にご連絡ください。

ご自宅の電気設備の状況により電気工事店さま経由でお申し込みをいただく場合があります。

関連リンク

ページの先頭へ戻ります