• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > 電気料金・省エネ・各種お手続き:個人のお客さま > ご契約内容の変更 > 低圧電力における契約電力の大きさや決め方について

低圧電力における契約電力の大きさや決め方について

商店・工場などでモーターなどの動力をお使いのお客さまは、契約電力の大きさや決め方の見直しを行うことで、基本料金が下がる場合があります。

契約電力の大きさについて

契約電力の大きさ

「低圧電力」は、商店や工場などでモーターなどの動力を使用され、契約電力が原則として50kW未満の方むけのメニューです。契約電力の大きさ(kW)は、ご使用になる動力機器の総容量や主開閉器容量を元に算定されています。なお、契約電力の大きさに応じて基本料金が決まります。

現在のご契約における確認方法

「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」サンプル

現在の契約電力の大きさ(kW)は、毎月お届けする「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」にてご確認いただけます。

契約電力の決め方について

契約電力の算定方法

契約電力の決め方には、「主開閉器契約」と「負荷設備契約」の2つの算定方法があります。お客さまのご使用形態に応じてお選びいただけます。

<お客さまのブレーカー容量によるもの>

主開閉器契約 契約主開閉器(ブレーカー)の容量(定格電流値)にもとづき、契約電力を決定するご契約方法です。多数の電気機器をお持ちで、すべての機器を同時にはご使用にならない場合は、主開閉器契約をお選びいただくことで、契約電力が下がる場合があります。

(注)同時に使用する機器の総容量が契約主開閉器の定格電流値を上回る場合には、契約主開閉器が作動し停電するおそれがあります。停電により大きな影響を受ける場合がございますので、主開閉器容量の決定にはご留意下さい。

<ご使用になる電気機器の総容量によるもの>

負荷設備契約 お客さまのご使用になる電気機器をあらかじめ設定していただき、その総容量(入力)に一定の係数を乗じて契約電力を算定するご契約方法です。

現在のご契約における確認方法

現在のご契約の算定方法を確認いただく場合は、お手数ですが当社カスタマーセンターまでお問い合わせください。

ご契約の見直しについて

ご使用になる動力機器を増設・減設をされる場合や、ご契約の算定方法を変更される場合は、ご契約の見直しが必要となります。お手数ですが、電気工事店さまを通じて当社までお申し込みをいただきますようお願いいたします。


ページの先頭へ戻ります