2017年12月1日
東京電力パワーグリッド株式会社

 当社は、当社サービスエリアにおける常時の周波数制御・需給バランス調整を実施するための電源等の確保を目的として、電力広域的運営推進機関がとりまとめた「2018年度(平成30年度)向け調整力の公募にかかる必要量等の考え方について」等に基づき、2017年10月2日~11月1日の期間において、2018年度の調整力電源を募集しておりました。

2017年10月2日お知らせ済み

 本日、競争入札へ応札いただいた電源等に対して、募集要綱に則った評価等の手続きが完了し、落札者が決定いたしましたので、その結果について、「一般送配電事業者が行う調整力の公募調達に係る考え方」※1(2016年10月17日経済産業省)に基づき、以下のとおりお知らせいたします。
 今後、当社は、落札された事業者さまと、契約締結に向けた協議を進めてまいります。
 また、現在別途、競争入札を実施しております、電源I’厳気象対応調整力の募集結果につきましては、募集期間終了後に準備が整い次第、改めてお知らせいたします。

募集結果の概要

 なお、公募による調達を実施している「電源II周波数調整力」「電源II需給バランス調整力」「電源II’低速需給バランス調整力」については、募集規模は設定せず、多くの電源を確保することで、安価な電源活用の可能性が高まり、かつ安定供給等に資すると考えられることから、11月1日以降も募集を継続しております。

 当社は、周波数制御・需給バランス調整等に用いる調整力電源を遅滞なく調達し、引き続き、当社サービスエリア全体の電気の安定供給に努めてまいります。

以 上

※1 「5.公募調達の実施に伴う情報の公表」では、公募調達の結果について、「一般送配電事業者は、電源I及び電源IIとして契約をした発電事業者等が競争上不利益を被らないように配慮しつつ、以下の情報を適切な時期に公表することが望ましい」としており、具体的には、「電源Ⅰの公募調達の結果として、最高落札額及び平均落札額(容量(kW)価格)」の公表が望ましいとある。
 また、「競争上不利になることを避けるための配慮」としては、「落札した電源等の保有者、名称、容量、燃料種等については、非公表とすることが考えられる」とある。

※2 落札合計金額を落札合計kWで除した加重平均値

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. プレスリリース・お知らせ一覧
  4. プレスリリース
  5. プレスリリース2017年一覧
  6. 2018年度調整力電源調達の競争入札による募集結果について