2019年10月31日
東京電力ホールディングス株式会社
東京電力パワーグリッド株式会社

 本日、経済産業省において電力レジリエンスワーキンググループが開催され、東京電力パワーグリッド株式会社より、台風15号に伴う停電復旧対応の振り返り及び台風15号の課題の検討を踏まえた台風19号への対応についてご説明させていただきましたので、お知らせさせていただきます。

 また、東京電力パワーグリッド株式会社は、2019年10月1日に経済産業省から台風15号による停電復旧における対応等について「電気事業法第106条第3項の規定に基づく報告徴収」を受領し、2019年10月11日に「東京電力パワーグリッド株式会社が行った停電復旧に向けた対応について」及び「過去の災害等を踏まえた東京電力パワーグリッド株式会社の対応について」、2019年10月25日に「鉄塔及び電柱の被害状況及び被害発生原因について」を経済産業省に報告しておりますので、本報告書についても併せてお知らせさせていただきます。

 なお、東京電力ホールディングス株式会社においても、台風15号対応について検証委員会を設置しており、危機管理態勢や情報発信等を含む停電復旧のプロセス全般に係る事実関係の整理と課題抽出について引き続き検証してまいります。

<報告徴収の内容について>

  • 1  東京電力パワーグリッド株式会社(東京電力パワーグリッド株式会社の子会社、親会社又は東京電力パワーグリッド株式会社以外の当該親会社の子会社等を含む。以下同じ。)が行った停電復旧に向けた対応について
  • 2  過去の災害等を踏まえた東京電力パワーグリッド株式会社の対応について
  • 3  鉄塔及び電柱の被害状況及び被害発生原因について

以 上

添付資料

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります